[前画面に戻る]


◎ 追加日程第1 行政報告

○議長(広瀬重雄) お諮りします。
行政報告を日程に追加し、追加日程第1として直ちに議題にしたいと思います。
異議ありませんか。
(「異議なし」と発言する者あり)
○議長(広瀬重雄) 異議なしと認めます。
したがって、行政報告を日程に追加し、追加日程第1として議題とすることに決定いたしました。
ここで、追加日程の資料を配布しますので、休憩します。
─────────────────
午前 9時34分  休 憩
午前 9時35分  再 開
─────────────────
○議長(広瀬重雄) 休憩を取消し、会議を再開します。
追加日程第1 行政報告を議題といたします。
町長から台風10号に係る災害の復旧復興の状況についての行政報告の申し出がありますので、これを許します。
宮西町長。
○町長(宮西義憲) 議長のお許しをいただきましたので、台風10号に係る災害の11月18日現在の復旧復興状況について行政報告をいたします。
台風10号の被害の概要については、これまで9月27日及び10月4日の総務経済・厚生文教常任委員会合同委員会において報告しておりますが、本日はそれ以降11月18日現在の復旧復興の進捗状況について報告いたします。
まず、住民の皆さんの生活復旧として、個別対応を図るため、10月3日から7日までの間、役場庁舎1階ロビーに総合窓口を設置し、計17人の御相談に対応したところであります。
市街地の宅地の汚泥処理や消毒作業及び道路や下水道の機能回復などは、9月末までに終えました。
また、町の保健師が被災家庭に対し3回目の戸別訪問を行い、それぞれの世帯及び世帯員との状況に合わせて対応しているところでありますが、今後につきましても個別対応を継続していきたいと考えております。
なお、公営住宅につきましては、被災した住宅全戸について、今年度から来年度にかけて改修工事を行う予定であります。
続きまして、河川、道路、橋梁の復旧復興状況であります。
河川につきましては、芽室川、美生川、ピウカ川は、管理者である北海道が災害査定を受けておりますが、芽室川については、現状で復旧するのではなく、改良復旧という従来の強度基準以上の整備とする方向で調整を進めているところであります。
また、他の河川についても、復旧の手法について調整を進めており、1月中には議会及び地域の皆様にも詳細を説明できるようになると考えております。
橋梁につきましては、現在5つの橋が通行止であります。復旧予定時期は、芽室町が管理する西伏美橋、西芽室橋、上芽室橋、日進橋、そして北海道が管理する上美生橋においては、全て平成29年度の復旧を予定しております。
道路につきましては、現在5つの道路が通行止です。復旧の予定時期は、芽室町が管理する上美生19号線、伏美雄馬別線、上美生本通、そして北海道が管理する道道清水大樹線は平成29年度、芽室町が管理する雄馬別八千代線は平成30年度の復旧を予定しております。
続きまして、農業関係の復旧状況です。
農地につきましては、現時点の概算被害面積は141.7ヘクタールとなっております。現在災害査定を受けるための作業を進めており、被害面積及び被害額等の確定は12月上旬の災害査定後となります。
このうち、被害額の少ない小災害復旧事業分につきましては、年内に施工し、ほぼ全ての圃場を復旧したいと考えておりますが、被害額の大きい災害復旧事業分につきましては、年内は河川氾濫等により流入した土砂の除去を中心とした工事を数件実施する予定であります。
また、制度上負担すべき農業者の自己負担分につきましては、軽減する方向で検討を進めているところであります。
用水路につきましては、修繕が必要な18地区のうち、2地区につきましては災害査定を受けており、それ以外の16地区につきましては、11月末に災害査定を受ける予定であります。
明渠排水路につきましては、21地区において修繕が必要であり、農地同様、12月上旬に災害査定を受ける予定であります。
次に、被災企業につきましては、敷地内の汚泥処理は町が行うものとし、再建のための施設設備等の投資につきましては、個々の状況に応じ、補助制度などを調査いたしております。
以上、台風10号に係る災害の11月18日現在の災害復旧復興状況について行政報告といたします。
○議長(広瀬重雄) 以上で行政報告を終わります。
────────────────────────────────────────────────────────────────