[前画面に戻る]


◎ 日程第6 報告第12号専決処分について報告の件(平成28年度芽室町公共下水道特別会計補正予算(第2号))から日程第8 報告第14号専決処分について報告の件(平成28年度芽室町簡易水道特別会計補正予算(第2号))

○議長(広瀬重雄) 日程第6 報告第12号専決処分について報告の件(平成28年度芽室町公共下水道特別会計補正予算(第2号))から日程第8 報告第14号専決処分について報告の件(平成28年度芽室町簡易水道特別会計補正予算(第2号))を一括議題といたします。
一括して報告を求めます。
白木水道課長。
○水道課長(白木雅博) 26ページ、報告第12号専決処分について報告の件(平成28年度芽室町公共下水道特別会計補正予算(第2号))について御説明いたします。
27ページをお開きください。
専決処分書のとおり、平成28年度芽室町公共下水道特別会計補正予算(第2号)を地方自治法第180条第1項の規定により、平成28年9月16日専決処分したので、報告するものであります。
歳出について御説明いたしますので、33ページをお開きください。
1款2項1目施設管理費、事務事業、下水道施設災害復旧事業3,281万1,000円の追加は、台風7号から台風10号に伴う災害対応経費の追加であります。
11節需用費細節1消耗品の追加は、オイルマットの購入費、細節2燃料費の追加は、西工雨水ポンプ場自家発電燃料の購入費、細節5修繕費は、芽室川の氾濫に伴う浸水により、西工雨水ポンプ場及び緑町第10排水樋門の電気設備、機械設備、水路等修繕費の追加であります。
13節委託料、細節21管渠等清掃委託料は、浸水区域内の汚水管渠及びマンホール清掃委託料の追加、14節使用料及び賃借料、細節6重機借上料は、芽室川、美生川、ピウカ川の排水樋門へのポンプ及び発電機の設置費用の追加及び浸水区域の汚泥撤去費用の追加であります。
なお、特定財源として、一般会計繰入金を計上しております。
28ページにお戻りください。
第1表歳入歳出予算補正であります。
歳入歳出それぞれ3,281万1,000円を追加し、補正後の額を6億5,624万円にしようとするものであります。
続きまして、34ページをお開きください。
報告第13号専決処分について報告の件(平成28年度芽室町集落排水特別会計補正予算(第3号))について御説明いたします。
35ページをお開きください。
専決処分書のとおり、平成28年度芽室町集落排水特別会計補正予算(第3号)を地方自治法第180条第1項の規定により、平成28年9月16日専決処分したので、報告するものであります。
歳出について御説明いたしますので、41ページをお開きください。
1款2項1目施設管理費、事務事業、集落排水施設災害復旧事業1,250万円の追加は、台風10号に伴う災害対応経費の追加であります。
14節使用料及び賃借料、細節6重機借上料及び15節工事請負費の追加は、美生川の河道洗掘により上美生集落排水処理施設の吐き口部等に欠損が生じたことから、緊急対応及び美生川本格復旧までの施設安全確保のため、暫定復旧を行うものであります。
なお、特定財源として一般会計繰入金を計上しております。
36ページにお戻りください。
第1表歳入歳出予算補正であります。歳入歳出それぞれ1,250万円を追加し、補正後の額を1億6,601万6,000円にしようとするものであります。
続きまして、42ページをお開きください。
報告第14号専決処分について報告の件(平成28年度芽室町簡易水道特別会計補正予算(第2号))について御説明いたします。
43ページをお開きください。
専決処分書のとおり、平成28年度芽室町簡易水道特別会計補正予算(第2号)を地方自治法第180条第1項の規定により、平成28年9月16日専決処分したので、報告するものであります。
歳出について御説明いたしますので、49ページをお開きください。
1款3項1目施設管理費、事務事業、簡易水道施設災害復旧事業22万9,000円の追加は、台風10号に伴う災害対応経費の追加であります。
14節使用料及び賃借料、細節6重機借上料の追加は、ピウカ川の増水による美生浄水場の浸水対策のため、土のう設置及び撤去、汚泥除去作業経費並びに上美生浄水場の発電機設置費用であります。
なお、特定財源として一般会計繰入金を計上しております。
44ページにお戻りください。
第1表歳入歳出予算補正であります。
歳入歳出それぞれ22万9,000円を追加し、補正後の額を1億4,280万9,000円にしようとするものであります。
以上3件、専決処分についての説明を終わります。
○議長(広瀬重雄) 以上で報告第12号から報告第14号までを終わります。
────────────────────────────────────────────────────────────────