[前画面に戻る]


◎ 追加日程第1 委員会報告

○議長(広瀬重雄) お諮りします。
委員会報告(議会の運営について)を日程に追加し、追加日程第1として議題にしたいと思います。異議ありませんか。
(「異議なし」と発言する者あり)
○議長(広瀬重雄) 異議なしと認めます。
したがって、委員会報告(議会の運営について)を日程に追加し、追加日程第1として議題にすることに決定いたしました。
追加日程第1 委員会報告 議会の運営について、議会運営委員長から報告をいただきます。
常通議会運営委員長。
○議会運営委員長(常通直人) 平成28年芽室町議会定例会9月定例会議の運営について、本日9月5日、本会議休憩中に開催いたしました議会運営委員会の審議結果について御報告いたします。
本日は、議長の出席を得て、総務課長の出席を求め、このたびの災害に伴う対応状況の説明を受け、本会議等の審議日程の変更並びに今定例会議の一般質問の日程について審議を行いました。
9月定例会議の本会議等の日程については、総務課長からの報告内容を考慮し、本会議については別紙報告のとおり、9月20日を10月18日に、9月21日を10月19日に、9月27日を10月26日にそれぞれ変更することにいたしました。
また、平成27年度各会計決算認定11件の審査を行う第4回予算決算特別委員会については、9月12日から15日までの4日間の日程を、10月11日から14日までの4日間の日程に変更して審査を行うことにいたしました。
次に、一般質問については、9月2日午後5時の通告期限までに6人の議員から通告がありましたので、10月18日に4人、19日に2人が一般質問を行うことにいたしました。なお、質問の方法等は、芽室町議会会議条例及び芽室町議会会議条例等運用規則に基づいて行うことになりますので、活発な議論をお願いいたします。
以上、議会運営委員会における審議結果報告といたします。
○議長(広瀬重雄) 以上で委員会報告を終わります。
お諮りします。
ただ今、議会運営委員長から報告のありました9月定例会議における本会議及び予算決算特別委員会の日程につきましては、委員長報告のとおり、それぞれ変更したいと思います。異議ありませんか。
(「異議なし」と発言する者あり)
○議長(広瀬重雄) 異議なしと認めます。
したがって、9月定例会議における本会議の日程につきましては、一般質問を行う9月20日及び21日を、10月18日及び19日にそれぞれ変更し、9月定例会議の最終日を9月27日から10月26日に変更いたします。
また、平成27年度各会計決算の審査を行う第4回予算決算特別委員会の日程を、9月12日から15日までを、10月11日から14日までにそれぞれ変更することに決定いたしました。
────────────────────────────────────────────────────────────────
◎ 散 会 宣 告

○議長(広瀬重雄) 以上で、本日の会議に付された議件は全部終了しました。
ここで、森 征一郎代表監査委員より、退任の挨拶の申し出がありましたので、御挨拶をいただくことにいたします。
森 征一郎代表監査委員、中央の発言台に御登壇ください。
○代表監査委員(森 征一郎) 貴重な時間をいただきまして、退任の御挨拶の機会をいただきまして、まことにありがとうございます。
まずもって、このたび自己都合によりまして任期途中で退任することになりまして、御迷惑をおかけし、まことに申し訳なく思っております。
私は、平成23年4月に監査委員の任命を受けましてから、通算5年6か月務めさせていただきました。この間、監査の機能を通じまして、町の財務事務の信頼性を高めるという大きな責務を常に肌身に感じながら監査をし、自分なりに努力をしてきたつもりでありますが、果たしてこれで十分であったのか、これでよかったのか、今、思いをめぐらせているところであります。
監査業務を通じて感じましたことは、町行政の果たす役割、使命ということの重大さにつきましては改めて強く感じてきたところでございますが、同時に、常に公平性を保ちながら、なおかつ効率的な事務執行が求められるという行政の難しさということも、常々多くの場面で感じさせられました。
今は、高齢化や人口減少など大きな社会変動のときを迎えておりまして、今後とも、町行政の役割は更に大きくなっていくものと思います。大変厳しい行政をめぐる環境にありまして、今後とも厳しさが増していくものというふうに思いますが、町理事者並びに議会議員の皆様、そして職員の皆様の今後ますますの御尽力を心から御期待を申し上げるところでございます。
以上、申し上げまして、まことに簡単ではありますが、監査委員退任に当たっての御挨拶とさせていただきます。大変どうもありがとうございました。
○議長(広瀬重雄) 森 征一郎代表監査委員におかれましては、5年6か月もの長きにわたり、町行政の監査に御尽力いただきましたことに対し、私からも感謝と敬意を表する次第であります。まことにありがとうございました。今後とも、豊かな経験を生かし、町行政に御指導いただければ幸いに存じます。大変お疲れさまでございました。
次に、西村嘉博教育委員長より、法改正に伴う教育委員長の廃止に当たり、挨拶の申し出がありましたので、御挨拶をいただくことにいたします。
西村嘉博教育委員長、中央の発言台に御登壇ください。
○教育委員長(西村嘉博) 本会議の貴重な時間をいただき、委員長退任の挨拶の機会を与えていただき、まことにありがとうございます。
初めに、8月にたび重なる台風の襲来、さらには10号による甚大な被害を受けた多くの町民の皆様に対して、心よりお見舞いを申し上げます。また、それぞれの立場、場所にて御尽力されております大勢の皆様に、敬意を表したいと思います。
さて、今回、地方教育行政の組織及び運営に関する法律が、平成27年度4月より新たに施行されておりますが、本町においては教育長の任期、年数に鑑み、今年平成28年10月からの施行となっておりました。
今日、武田教育長の再任が決まり、新たな教育行政のスタートとなります。教育長を中心とした教育行政に移行することにより、委員長の職務が廃止になり、議会への出席がなくなりました。
私ごと、委員長として6年間の議会出席でありましたが、その中にあって、議会の運営、町民を代表する各議員のいろいろな角度からの考え方、発言など、いつも感銘を受け、教育行政の一助となるよう心がけてきました。
今後は、武田教育長の元、4名の教育委員で力を合わせて教育行政を盛り上げたいと考えております。
終わりに当たり、歴代の教育委員長の思いも重ね、芽室町議会がますます活発になり、芽室町が更なる発展をすることを祈念し、委員長退任の挨拶といたします。本当に長きにわたり、ありがとうございました。
○議長(広瀬重雄) 西村教育委員長におかれましては、教育委員として7年2か月、また教育委員長として6年の長きにわたり、本町の教育行政の推進に御尽力いただきましたことに対し、私からも感謝と敬意をあらわす次第でございます。
今後とも、引続き教育委員として教育行政の推進に御尽力くださいますようお願いいたします。まことにありがとうございました。
本日はこれをもって散会します。
なお、9月定例会議の再開は、10月18日午前9時30分ですので、御出席をお願いいたします。
────────────────────────────────────────────────────────────────
(午後 3時55分  散 会)