[前画面に戻る]



◎ 日程第32 議案第103号芽室町債権管理条例制定の件

○議長(広瀬重雄) 日程第32 議案第103号芽室町債権管理条例制定の件を議題といたします。
提案理由の説明を求めます。
安田総務課長。
○総務課長(安田敦史) 21ページ、議案第103号です。芽室町債権管理条例制定の件を御説明いたします。
22ページを御覧ください。
22ページ下段の説明に記載のとおり、本条例は町の債権管理に関する事務処理について必要な事項を定め、債権管理の適正を期するため制定しようとするものであります。
再び21ページにお戻りいただきまして、各条項の説明をいたします。
第1条は本条例の制定目的、2条は用語の定義です。3条は他の法令等との関係、4条は町長の責務、5条は台帳の整備、6条は債権放棄の諸条件、22ページに移りまして、7条は債権放棄の際の報告義務、8条は委任事項で、附則として、施行期日を平成29年3月31日とし、経過措置として、施行日前に発生した町の債権についても適用させようとするものであります。
以上で説明を終わります。
○議長(広瀬重雄) お諮りします。
ただ今議題といたしました議案第103号の審査は、議会運営委員長報告のとおり総務経済常任委員会に付託し、今定例会議中に審査を行うことにしたいと思います。異議ありませんか。
(「異議なし」と発言する者あり)
○議長(広瀬重雄) 異議なしと認めます。
したがって、議案第103号芽室町債権管理条例制定の件の審査は、総務経済常任委員会に付託し、今定例会議中に審査することに決定いたしました。
  
────────────────────────────────────────────────────────────────