ホットボイス

桜並木の補植について

2014年9月1日
件名 桜並木の補植について
受理内容  芽室美生間道道に10年程前から年次計画で桜並木が植えられ、来年あたりから見ごろになると思いますが、せっかく植えられた桜の木が現在3分の1ほど枯れたり、倒れたりしています。
 これは植えた業者の責任か、除雪によるものか、地続きの農家の過失によるものか。よく調査の上早急に補植すべきではないか。  このようなことも指摘できない町議会議員の定数は減らすべきである。
発信者 無記名
2014年9月29日
回答  この度は、町に対しての「道道中美生芽室線沿いの桜並木の補植」への御指摘とともに議会の定数に関しての御意見をいただきありがとうございます。
 町議会といいたしましても、御指摘の件に関し、北海道の事業とはいえ重要な農村環境の領域でありますことから、所管の経済常任委員会で調査をし、町を通じ、北海道に対し管理の要望に向けた検討をしたいと考えます。
 また、議員定数に関しましては、現在、総合的に協議している段階であります。御指摘の件のように、町内の状況に関して気づかない部分もあろうかと存じますが、皆様の御要望に応えられますよう、議会としても全力を注いでいく所存であります。
 今後とも、まちづくりに関する御提案・御提言等をお寄せくださいますようお願い申し上げます。
回答者 議会事務局総務係(内線313)
Email:g-shomu@memuro.net