ホットボイス

役場庁舎建設基金構想に関する調査特別委員会について

2013年06月10日
件名 役場庁舎建設基金構想に関する調査特別委員会について
受理内容  議員の皆様には、日頃町政に尽力して下さり感謝しています。
 このところ、議会だよりやすまいるで庁舎建設に関する記事を目にする様になりました。国がTPP交渉への参加を表明した現在、TPP参加により多大な影響を受けるといわれる道経済や道民の暮らしについて、私の様な一介の町民も自分の事として考え始める様になりました。
 庁舎の建設にあたっては、TPP後の芽室の経済活動や人口の推移などの視点も必要と思いますがどうでしょうか。
 日本の食糧基地としての北海道の地位が揺るがないと信じられる状況ならば、それにふさわしい庁舎の建設に異論は出ないかと思いますが、状況が変われば違う判断もあるかなと考えます。
 国が掲げる強い農業とは具体的に芽室町ではどの様な農業かわからないのですが、開発や育成に資金がいるでしょうし、芽室の農業や雇用、暮らしを維持するためにも、いずれお金が必要になるかもしれません。
 熟慮のうえ、より有効にお金が使われます様、希望します。
発信者 一町民
2013年8月1日
回答  御意見をお寄せいただき、誠にありがとうございます。この件につきましては、役場庁舎建設基金条例の提案に対して各議員が表決した結果であります。今後も役場庁舎建設基本構想に関する特別委員会(柴田正博委員長・委員15名)で調査を継続し、その内容を議会だよりに掲載します。
 今後とも議会に対し、御意見と御提案をお寄せくださいますようお願い申し上げます。
回答者 議会事務局総務係(内線313)
Email:g-shomu@memuro.net