議会等の日程ページへ戻る 議会トップページへ戻る

平成29年芽室町議会定例会3月定例会議議事日程〔第3号〕

平成29年3月17日(金曜)午前9時30分開議

日程番号

 議件番号

 議    件    名

議 案

議決結果等 摘 要 録 画
第  1   会議録署名議員の指名       再生(0分55秒)
第  2 一般質問(2人) ●正村紀美子

1 奨学金制度について教育委員会の見解について

(1) 本町における奨学金貸付の趣旨とは何か。
(2) 奨学金貸付対象者の選考基準は適切であるか。
(3) 新たに創設された奨学金の償還一部免除について伺います。
免除される金額はどれほどになると試算しているのか、 モデルケースでご説明いただきたい。
(4) 本町においては、大学等で町外に行く数よりも近隣1市2町への流出が断然多い。
免除規定による定住化は、こうした状況にどれほどの影響を及ぼすと考えるのか。

2 聴覚障がい者への行政情報の提供について

 緊急通報である119番通報は、通報者が緊急事態の発生を通知するために重要な通信である。
聴覚障がい者は、FAX等音声によらない他の通信手段を用いて通報することとなるが、FAX等が近くにない場合、通信手段がある場所まで移動しなくてはならず、迅速な通報が困難な場合もある。
携帯電話のメール機能は、聴覚障がい者のコミュニケーション手段を大きく広げており、音声によらないメールでの119番通報システムの普及が全国的に進んでいる。
そこで、次の2点について町の見解を伺います。
@ 平成28年3月に発送した「電子メールによる119番通報システムのご案内」では、登録申請手続がとかち広域消防局となっているが、芽室消防署でも受付をすることはできるという。
対象者には周知されているのか。
A 今後、聴覚障がい者の方が行政から発信される情報を適切に受け取ることができる体制を整えるべきではないのか。

3 公共施設での受動喫煙防止対策について

 本町では「公共施設における喫煙規制の方針」を定め、施設利用者の健康増進を図っているが、公共施設での受動喫煙対策の現状と今後の対策について町の見解を伺います。
@ 地域福祉館・生活館・コミュニティセンターは、各施設の運営委員会の判断により取扱いを決定するとしているが、現状について伺います。
A 公共施設においては、人の出入りがある箇所での受動喫煙が起こらないように配慮するとしているが、現状はどのようか。
B 役場庁舎建設の議論が進んでいるが、新庁舎の喫煙スペースについての考え方を伺います。
      再生(1時間02分)
●梅津 伸子

1 子供の貧困実態調査の実施を

 本町は、第4期芽室町総合計画において、子育てしやすいまちづくりを主要施策の一つとしています。
平成28年6月定例会議における一般質問の中で、子供の貧困に対して「重要な課題と認識している」としつつ、実態把握のためのアンケート実施について、「必要が生じれば実施したい」との町長答弁がありました。
この間、昨年11・12月に北海道が北海道大学と共同で実施した、子どもの貧困に関する実態調査の速報値が発表されました。
その内容から、都市部の札幌以上に地方において経済的余裕のない状況が明らかになり、家計状況「赤字」と答えた世帯は23.8%、「ぎりぎり」と答えた世帯は43.3%と報じられ、改めて対策強化を求められる実態が明らかになりました。
子供の貧困対策を実施するにあたっては、何よりも実態把握が急がれることから、次の2点について町長の見解を伺います。
@ 北海道が実施した実態調査結果の速報値についての認識を伺います。
A 本町においてアンケートを実施し、実態を把握すべきと考えるが、見解を伺います。

2 本格的に新エネルギーを活用したまちづくりを

 本町においては、平成20年に「芽室町地域新エネルギービジョン」、平成21年に「芽室町地域新エネルギー重点ビジョン」を策定し、エネルギーの地産地消を推進、具体的には、太陽光発電に対する補助制度、学校・公共施設における太陽光発電、ペレット製造、農業残渣のペレット化にむけた取組等を実施してきたものと認識しています。
自然エネルギー、再生エネルギー等の新エネルギーの活用については、CO2削減に加え、2011年3月11日に発生した東日本大震災、東京電力福島第一発電所事故を経験し、安心・安全な地域づくり、さらに地域経済の循環、雇用づくり等、地域政策の側面から重要視され、全国的にまちづくりの重要な視点になっています。
本町において、新エネルギーとして活用できる資源が豊富に存在していることは、「ビジョン」からも明らかです。
の資源を活用したまちづくりを本格的に推進すべきとの観点から、次の2点について町長の見解を伺います。
@ 「新エネルギービジョン」「新エネルギー重点ビジョン」を踏まえた現段階での到達度と今後の課題についての認識を伺います。
A 第4期芽室町総合計画に続く第5期芽室町総合計画の策定において、地域経済循環、雇用づくりにとっての有効性に鑑み、地域政策における新エネルギー活用の位置づけを強化すべきと考えるが見解を伺います。
      再生(1時間15分)