議会等の日程ページへ戻る 議会トップページへ戻る

平成23年第9回芽室町議会定例会議事日程 〔第2号〕

平成23年12月14日(水曜)午前9時30分開議

日程番号

 議件番号

 議    件    名

摘 要

第 1

  会議録署名議員の指名  

第 2

一般質問(4人) 藤森 善一郎

1 役場庁舎改築の方針・方向性の進捗状況と今後の取り進め方について
 老朽化している役場庁舎の建替えの方針を9月に表明されたが、その後の進捗状況と建設時期の目処、想定している建設場所、今後の取り進め方、建替えの課題について伺います。
2 東めむろ地区のスクールバス運行の継続について
 東めむろ地区のスクールバス臨時運行の終了については認識をしているが、地域から継続運行の要望が強い。
 運行基準全般を見直し、新たな政策の下で運行を継続する考えはないのか伺います。
 
常通 直人

1 組織・機構の見直しについて
 平成24年4月からの新たな「組織・機構」に向けた進捗状況について、次の3点について町長の見解を伺います。
(1)  行政改革推進本部及び課長職の会議において、現在の「組織・機構」、「職員定数問題」についてどのような課題が出されているのか伺います。
(2)  若手職員で構成するプロジェクトチームは、いつ、どのような構成で設置されたのか伺います。
 また、住民及び関係団体に対していつ頃原案を示される予定か伺います。
(3)  新年度からの組織・機構の見直しを考えると、見直し作業を急ぐべきと考える。。
 住民及び関係団体への周知の点、予算編成の面から現時点で支障がないと考えているのか伺います。
2 本町の観光行政について
 平成21年5月に、「芽室町観光協会」から「芽室町観光物産協会」へと組織改編が行われたが、観光行政はその名のとおり町が中心的な役割を果たすべきであると考えますが、次の3点について町長の見解を伺います。
(1)  本町の観光行政についての基本的な方針を伺います。
(2)  町外観光客の誘導や集客には、見やすい案内看板等の設置が特に有効な手段と考えるが、現状の設置状況の認識について伺います。
(3)  「観光基本計画」または「観光振興プラン」のような観光行政計画を策定する考えはないのか伺います。
 
橋 仁美

1 中心市街地区の定住促進策について
 中心市街地区では、最近特に、空家・空地の増加や高齢化が進んでおり、活力が失われつつあるように思います。
 活性化のためには、中心市街地区に定住者を増やすこと、特に若い人の定住を推進することが急がれると思うことから、次の3点について伺います。
(1)  自治体のホームページに、不動産業者から提供のあった住宅・土地の情報を載せるところも増えているようだが、本町においても定住促進のために、この方法を検討してはいかがか。
(2)  中心市街地区に定住人口を増やす方法は、借上げ公営住宅制度もあるが、町の税収増等を考えると、戸建て住宅を増やすことが望ましいと思うことから、新築住宅には税制面で思い切った減免措置を導入する等、魅力ある施策を考えることが必要だと思うがいかがか。
(3)  今でも「芽室町は大変住みやすい町」という評価が高いが、10月に高速道路が全面開通し、また、帯広までの道道4車線化の完成も間近となり、総合的な町の魅力は更に高まりつつある。
 そこで、町内外に特に利便性の高い中心市街地区への居住を促す取組として、町のホームページを一層充実させ、魅力ある情報の発信に力を入れていくべきと考えるがいかがか。

 
梅津 伸子

1 再生可能エネルギーの更なる活用について
 本年3月11日に起きた東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所事故以来、全国的に再生可能エネルギーの活用がかつてない規模と速さで進められており、その必要性は今後一層求められるものと考えます。
 本町においては、地域新エネルギービジョン、地域新エネルギー重点ビジョンを策定し、太陽光発電の推進、バイオマスエネルギーの活用等を推進してきましたが、二酸化炭素排出削減に加え、本町における地域の活性化、経済循環、雇用拡大の観点からこの取組を強化すべきと考えるが見解を伺います。
 当面、本町の公共施設全てにおいて再生可能エネルギーへの転換を図るべきと考えるが見解を伺います。
2 東めむろ地区におけるスクールバス運行について
 平成23年度末の大成橋架替工事の終了に伴い、現在臨時運行しているスクールバスを教育委員会の方針として平成24年3月末をもって終了することに関して、住民から存続を求める要望が出ています。
 このことに関して、次の2点について伺います。
(1)  住民に対する説明責任について。
(2)  スクールバス運行終了の方針について、児童・生徒の安全な通学を願う住民から不安の声が出されている。
 不安解消の手立てをどの様に考えているのか、また、一定期間運行を継続すべきと考えるが見解を伺います。
3 十勝圏の消防広域化について
 11月29日の第13回議員協議会において、十勝圏の消防広域化についてのこれまでのスケジュールを変更し、12月議会定例会への規約改定の提案を見送るとの説明がなされました。
 消防広域化の方針は従来どおりとのことですが、最大の課題となっている「自賄い方式」についての認識について伺います。