議会等の日程ページへ戻る 議会トップページへ戻る

平成22年第7回芽室町議会定例会議事日程 〔第3号〕

平成22年12月17日(金曜)午前9時30分開議

日程番号

 議件番号

 議    件    名

摘 要

第 1

  会議録署名議員の指名  

第 2

一般質問(3人) 小椋 孝雄

1 障がい者グループホーム(ケアホーム)の検証について
 平成22年3月31日現在、本町において1,046人の障害者がおり、そのうち知的障害者は159人となっております。
現在、本町においては、障害者支援施設(多機能型)オークルや地域活動支援センターアットホームめむろ等がサービスを提供しており、障害者の日中の居場所が整いつつあります。
しかし、安心して生活できる居住サービスは整ってはおりません。
「親が元気で協力できるうちに障害を持つ子ども達のために地域において居住の場を造ってください」という親の願いは切実です。
町長の町政マニフェストにおいて、「障がい者グループホームの検証」があります。
これは、障害者の生活の継続性を維持し、地域で生活していくためにも、早い時期から住居の提供と十分な支援を計画的に提供すべき、という考えが基本と判断させていただきましたが、この項目に関してどの様に考えているのか、次の2点について伺います。
1点目、子ども達の親(保護者)が高齢になると、子ども達への協力、支援にも限界があり、この子ども達の将来を考え、自立していくための支援を町長はどのように考えているか伺います。
2点目、グループホームの設置に当たっては、住宅を改造、改築して確保するのか、又は新たな住居を建築するのか、町長の考えを伺います。
 
梅津 伸子

1 国民健康保険制度について
 誰もが安心して医療を受けられるようにとの立場から、国民健康保険制度について次の3点について見解を伺います。
国民健康保険法第44条に基づく窓口負担減免制度について、国が減免額の2分の1を特別調整交付金で補填する見込みとなった。
本町においては、未だ制度が作られていない。
早急に作るべきと考えるが見解を伺います。
本町における一般会計から国民健康保険特別会計への繰入額のうち、法定外の繰入額を全道平均並みに引き上げ、国民健康保険税の引き下げを行うべきと考えるが見解を伺います。
今年5月、国民健康保険法が改定された。
これを受けて道が国民健康保険事業の運営の広域化、又は国民健康保険財政の安定化を推進するための広域化等支援方針の策定に向けて作業を進めている。
このことに関して伺います。
(1) 「支援方針」の内容はどのようなものか。
(2) 「広域化」によって、本町における国民健康保険事業の運営は、財政、制度にどのような影響が出ると認識しているか。

2 公営住宅の修繕促進について    
 公営住宅に入居している年金生活者や低所得世帯に対して、安く快適な住環境を保障することは法に基づく町の重要な役割である。
 本町の公営住宅において、必要な修繕が行われないまま放置されている現状がある。
 直ちに実態を調査し、修繕を実施すべきと考えるが見解を伺います。

3 高齢者世帯のゴミ収集について
 町内でも一人暮らしの高齢者等の生活困難世帯が増加している。
困難になっているゴミ収集支援対策を講ずるべきと考えるが見解を伺います。
 
岡ア 榮太郎

1 地域福祉館等の老朽化対策について
町内における地域福祉館等の老朽化が目立っているが、今後の建替計画等について伺います。