議会等の日程ページへ戻る 議会トップページへ戻る

平成21年第1回芽室町議会定例会議事日程 〔第2号〕

平成21年3月9日(月曜)午前9時30分開議

日程番号

 議件番号

 議    件    名

摘 要

第 1

  会議録署名議員の指名  

第 2

一般質問(5人) 唯野 義勝

1 公立芽室病院等の有価証券運用状況等について
 昨年後半からの世界的な経済不況と株価暴落で各証券会社は、大幅な赤字となっております。また、各銀行も不況と取引企業の経営悪化、有価証券の減損処理などで大幅な赤字を抱えている現状にあります。証券会社や銀行が、こうした厳しい状況に直面しておりますが、公立芽室病院及び地域開発事業特別会計に係る有価証券について、次の3点について伺いたい。
@ 公立芽室病院がみずほインターナショナルから平成19年1月12日に購入した1億円の外国債有価証券について、これまでの受取時期別の運用利率と配当金はいくらあったか。
A 地域開発事業特別会計に係る工業団地造成基金の新たな運用として、平成19年4月3日、2億5千万円を公立芽室病院と同じ外国債有価証券を購入したが、これまでの受取時期別の運用利率と配当金はいくらあったか。
B この両債権は、いずれも1年目は1.00%の固定利率、2年目1.6%、3年目2.2%、4年目2.8%、5年目3.4%の変動利率となっているが、その最低保証利率はいくらか。また、この両債権の1億円と2億5千万円は、5年後には必ず元金が保証され町に戻ってくるのか。
 
広瀬 重雄

1 新型インフルエンザ対策について
@ 世界的に鳥インフルエンザの発生が確認され、我が国でも流行が懸念されているが、国及び道の指導、また情報提供がどの程度市町村にされているのか伺いたい。
A 北海道の新型インフルエンザ対策行動計画が策定されているが、芽室町の対応策はどのようにされているのか伺いたい。

2 芽室町経済及び雇用問題(対策)について
@ 国全体の景気は、昨年末より本年に入り更に悪化していると思われるが、確定申告及び多くの企業決算の時期を迎えるに当たり、十勝・芽室の経済状況をどのように把握されているのか、業種別の動向を含め伺いたい。
A 芽室町経済活性化のため農・商・工の連携を推進するための具体的な取り進め方はどのようにされるのか伺いたい。
B 緊急雇用対策が実施され、平成21年度予算にも関連事業が盛り込まれているが、今後、継続的な雇用対策を考えられているのか伺いたい。
 
岩間 裕信

1 小中学校の除雪の実態と各学校からの要望について
@ 今年は雪が多く各学校では業者委託やPTA会員からのトラクター借上などで対応しているようだが、実態はどうか伺いたい。
A 各学校から様々な要望事項があるようだが、どのようなものがあるか。また、その対応はどのように考えているのか伺いたい。

2 緊急車両と除雪車との連携について
@ 冬期間、特に悪天候(降雪・吹雪)の場合の緊急車両と除雪車との連携はどのようになっているのか伺いたい。
 
齋藤 幸子

1 地域における緊急雇用対策について
 米国のサブプライム問題に端を発した百年に一度と言われる世界同時不況の影響は、日本経済にも深刻な打撃を与え、非正規社員や派遣社員の雇い止め、正社員のリストラなどの雇用問題を発生させている。また、北海道・十勝は、これまでの「いざなぎ景気超え」が続く中でも失業率は全国平均を上回り、有効求人倍率は全国平均を下回るという厳しい雇用環境にあり、更に追い打ちをかけられる深刻な状況にある。  今や雇用対策は、緊急、かつ、重要な課題となっているので、次の4点について町長の見解を伺いたい。
@ 本町の雇用問題の実態把握について
A 今回の経済環境の悪化が本町の雇用環境に与えた影響について
B 緊急対策としての具体的な施策と効果について
C 雇用環境の改善に向けた今後の検討課題と見通しについて
 
西尾 一則

1 平成21年度予算概要について
 現在、世界経済は百年に一度と言われる危機にあると言われており、世界的な景気後退によって我が国の経済も景気の悪化が深刻化してきています。  芽室町においては、一般会計では、昨年度の実績予算額と比較すると13.7%の増であり、全11会計歳出総額では0.8%増となり、生活の安心と地域経済を支える一方で行政改革を更に推進する予算となりましたが、次の3点について伺いたい。
@ 第4期芽室町総合計画の実現を目指した予算だが、中期財政計画の見通しとの相違点について伺いたい。
A 第4期芽室町総合計画での基本目標5「町民が主役となった自治に基づくまちづくり」の中で、効果的・効率的な行政運営での施策に係る取組(主要な事業など)の行政改革推進状況を伺いたい。
B 主要事業を、「新規」・「改正」・「継続」の3区分に分け、分かりやすくなりましたが、この内で「新規」事業が少ないように思われるが、町長の見解を伺いたい。

2 地元企業育成について
@ 経済の悪化に伴い、地元事業者も大変な時期になっております。新規予算において建設事業等(工事請負費)調書(平成20年度と平成21年度の比較)の中で建設事業等が増となっているが、地元企業に対する効果はどのくらいあると予測されているのか町長の見解を伺いたい。
A 国は、第2次補正予算において、生活者支援対策として「定額給付金」の給付を決定した。
商工会でも「定額給付金」の給付される時期に併せて独自にプレミアム商品券の販売を計画しているようですが、商工会への町としての対応について町長の見解を伺いたい。