受理日 2014年 2月28日
件  名 透明化のまちづくりへ
受理内容  町議会のオール与党化は、まちを腐敗させます。
 議員は行政に追従することなく、是々非々で議会に臨んでください。
 過去の不祥事から学んで、公正、透明化のまちづくりへ!
発信者 一町民


回答日 2014年3月20日
回  答  この度は、議会に対しまして御意見をいただきありがとうございます。
 議会では、平成26年3月12日発行の「めむろ議会だより」に掲載したとおり、不適切会計処理等に関する調査特別委員会を設置し(2月24日、2月第2回臨時会議)、全容解明及び再発防止策等について調査中です。
 議会は、芽室町議会基本条例第2条及び第3条の条文に基づき、議会としての責任を果たしていきます。

(基本理念)
第2条 議会は、町民の代表としての負託と信頼に応え、大局的な視点から意思決定し、真の地方自治の実現に取り組みます。
議会は、町政運営に関する監視、調査、政策形成及び提言機能を併せ持つ機関としての責任を果たします。
議会は、予算及び決算をはじめとする町政に係る様々な事項に対し、議事機関としての責任を果たします。
議会は、広く町民の意思を把握し、町政に的確に反映させることを目的に、議員個々の資質を高め、議会機能の強化並びに活性化に取り組み、議会力及び議員力を強化します。

(議会の活動原則)
第3条 議会は、全ての会議を原則公開するとともに、民主的かつ効率的な議会運営のもとに、次の活動を行います。
(1) 議事機関として、町政の重要事項について意思決定を行うこと。
(2) 町民の意思が的確に反映され、公正で民主的に町政が運営されているかを監視し、けん制すること。
(3) 議員相互間の自由かっ達な討議を通して意見を集約し運営すること。
(4) 議決責任を深く認識するとともに、重要な事項についての議案等を議決したときは、町民に対して説明すること。
回答者 議会事務局総務係(内線313)
Email【g-shomu@memuro.net