受理日 2012年 6月25日
件  名 議員研修会(中尾修サポーター講演)について
受理内容

 昨日は議員研修会に参加させて頂きありがとうございました。
 今まで議会改革等の関係につきましては、色々な学者の方のお話を聞いてきました。
 しかし、今回の中尾先生のお話は事務局長経験者と言う内部からの提言であり、具体的且つ、客観的に議会を見つめてきた観点でのお話は大変興味深く聞かせて頂きました。
 こうした中で、我が町の議会はどうであるかを見た時、改選後の最近は目を離せない状況が多くなってきたと思います。
 それは、議会だよりやまめ通信の中身が見やすく、町民目線で内容が充実してきた事。また、議会報告会や町民との意見交換会などの積極的な開催を始めとして、大学との連携やモニター・サポーターの導入など、色々な改革に着手され且つ、他町村議員や町民の関心を呼ぶ研修会などの開催などからであり、素晴らしい事だと誇りに思っております。
 なお、中尾先生が資料の3ページで言っているように、「議員同士の見解の相違を乗り越えて、機関としての意思をまとめ、首長にぶつかっていくことだ。」とありました。
 今回の一般質問を聞いた時、「地域振興策」や「いじめ根絶」「放射能対策」「地域集会設備整備」「西大成地区の開発」などは、町全体の課題ですから、議会としてどう考えるか議論して意思をまとめ、提案者が議会を代表して町長と相対する事が質問主旨にウェイトが高まり良い手法であると感じました。
 芽室高校跡地の活用については、中原町政以降何十年も具体策がないまま推移してきたものが、宮西町長になってから、保健福祉ゾーンとして保育所や老人ホームの幼老隣接というソフトな開発がなされました。従って、西大成の整備にしても東めむろの開発で見落とされてきたものが、あの質問で一歩前進し、具体化されていくのではないかと期待している所です。
 最近プリンス劇場で「第四の革命」という映画を観ました。いわゆる、農業革命・産業革命・IT革命として現代のエネルギー革命の事です。今、議会がやろうとしている「議会基本条例」の制定や「通年議会」の制度・改正は改革というよりは、芽室町議会の「革命」と言える程のものと思います。これらの事を成し遂げるには、生みの苦しみを伴うと思いますが、今の議長と局長はナイスパートナーと思いますので、是非実行・実現されますよう期待させて頂きます。よろしくご健闘ください。

発信者 男性


回答日 2012年7月10日
回  答

 この度は、本町議会に対して貴重な御意見をいただき、誠にありがとうございます。
 また、貴殿におかれましては、議会傍聴をはじめ、議会報告会と町民との意見交換会ならびに議員研修会などに御参加を賜り、重ねて御礼を申し上げます。
 まず、本町議会の活性化・議会改革の取り組みに対しまして、御称賛をいただき心から御礼を申し上げます。
 さらに、今回の6月議会定例会の一般質問につきましても、一定の御評価をいただき、議会といたしましても、今後の活動に『弾み』がつくものと心強く感じている次第であります。
 本町議会の活性化・改革に向けた一つの取り組みである『議会基本条例の制定』及び『通年議会制の実施』につきましては、町民の皆様の視点を忘れることなく、議員一丸となって実現を目指していく所存であります。
 今後とも、本議会に対しまして、御指導と御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げます。

回答者 議会事務局総務係(内線313)
Email【g-shomu@memuro.net