[前画面に戻る]


◎ 日程第3 一般質問

○議長(広瀬重雄) 日程第3 一般質問を行います。
青木定之議員の質問を許します。
青木議員。
○4番(青木定之) 今回の一般質問は1項目で、次回町長選挙に向けた町長の現時点の思いについてであります。
宮西町長が町政執行責任者となり、2期目も7か月を残すところとなり、来年7月は町長選挙を迎えることになりますが、そこで次の2点について町長の現時点の思いを伺います。
1点目、町長は芽室町の反映はもとより、住民福祉の向上を公約に掲げ、町民多くの支持を受け、町行政執行者として平成22年7月に2期目がスタート、以来、公約達成に向けて日々努力されているものと考えております。
町長は、2期目に掲げた公約の推進状況をどのように検証されているのか、それらを踏まえ、3期目に向けた意思を整えつつあるのか、現時点の思いについてお伺いいたします。
2点目、いかなる時も行政執行に停滞は許されず、住民福祉の向上を第一とした予算編成が重要であります。町長は、来年度予算編成に向けて、各課から実行計画を取りまとめたと思いますが、平成26年度予算編成の理念をどこに置かれていくのか見解を伺います。
以上、1回目の質問といたします。
○議長(広瀬重雄) 青木議員の質問に答弁を求めます。
宮西町長。
○町長(宮西義憲) 青木定之議員の次回町長選挙に向けた現時点での思いについてお答えをいたします。
まず、1点目の2期目に掲げた公約の推進状況と、それを踏まえた3期目に向けた現時点での思いについてであります。
私は、平成22年7月、選挙による町民の皆さんの審判を経て、2期目の町政運営を担わせていただき、現在2期目4年間の選挙公約である「笑顔と安心いっぱいのまち」「おいしさと活力いっぱいのまち」「安全と個性いっぱいのまち」「そよ風が行きかうまち」の4つの柱の実現に向けて、鋭意取組んでいるところであります。
選挙公約では、ただいま申し上げた4つの柱に基づき、具体的には79項目の施策を掲げているところでありますが、ご質問の進捗状況については随時、点検検証を行っているところであります。
検証は、1つに「実現・達成」、2つに「実施中」、3つに「一部実施中」、4つに「協議・検討中」、5つに「実施後中止」、6つに「未実施」と、私なりに分類しているところであり、おおむね実施していると考えております。
また、私が掲げた公約は、第4期芽室町総合計画・後期実施計画と連動させておりますので、後期実施計画のPDCAサイクルによる検証とも連携し、客観的検証となるよう努めているところであります。
しかし、行政運営は政治・社会・経済とともにあり、日々刻々とあらわれる状況変化を反映し、公約についても現在進行形でありますし、新年度予算編成の中で進捗状況がさらに変わるものもあります。
したがいまして、今日では新年度予算編成に全力を傾注し、これら変化の中で町民皆さんの福祉増進を目指し、残りの任期を全うすることこそ、最優先と考えておりますので、現在3期目についての思いを言及できる段階ではないことをご理解願いたいと思います。
次に、2点目の平成26年度予算編成の理念についてであります。
11月5日付で、各執行機関及び担当職員に対し、平成26年度予算編成方針を発出したところであります。現在、その取りまとめ作業中であります。
予算編成方針で示した基本的考え方は、1つに「第4期芽室町総合計画の実現を目指した予算編成」、2つ「評価、計画と連動する予算編成」、3つ「連携に基づく予算編成」、4つ「特別会計・事業会計の自主性と健全化の確立としたところであります。
予算編成に至るまでの各主管課と私の内部協議の経過について申し上げます。
4月に、当該年度の事業推進に係るヒアリング、8月に当該年度の事業推進状況と次年度に向けた課題ヒアリング、10月に次年度以降3年間の事業方針を定める実行計画ヒアリング、1月に次年度予算編成ヒアリングという形で年4回ヒアリングを重ね、現況把握から課題抽出、そこから解決策を模索し実行する、PDCAサイクルとも連動した課題解決型の事業推進に努めているところであります。
したがいまして、予算編成の理念は第4期芽室町総合計画の実現を念頭に置くことは必然であり、その実現手段の基本は「計画行政の推進」であると、このように考えております。
以上、お答えといたします。
○議長(広瀬重雄) 以下、質問を認めます。
青木議員。
○4番(青木定之) 町長から、町行政執行者としての公約推進に対する検証とともに、次期町長選挙に向けた思いを聞かせていただきました。
町長の答弁からは、公約推進の検証にあっては一定の充実感を抱きつつも、まだなし遂げたいことが山積しているとの印象を受けたところであります。まだなし得ない課題があれば達成に向け、またおおむね達成されたと判断されたとしても、今にも増して更なる住民の幸せを高める考えもできると思います。
町長、いっそのこと、ここで町民のさらなる幸せを願い、皆さんの支持が得られるならば立候補したいと声高々に表明すれば、すっきりされると思うのですが、考えをお聞かせ願いたいと思います。
○議長(広瀬重雄) 宮西町長。
○町長(宮西義憲) 私は、2期目の残り期間というのが今ありますけれども、それは決して短い期間だとは全然思っておりませんでして、やっぱり業務の内容からいきますと、職責一つ一つ考えてみましても、非常に重い仕事を担わせていただいていると、このように考えてございます。
ですから、新年度の予算編成ももちろんでありますけれども、その任期期間中、とにかく全力を挙げて今の歩みを継続すると、そのことに言うならば精いっぱいな現況でありますので、1回目にお答えした気持ちが本音でございます。
○議長(広瀬重雄) 青木議員。
○4番(青木定之) 町長の答弁からは、まだ立候補云々に関しましては時期に至っていないと、1回目の答弁と同じだというふうに理解しました。
4月に改選期を控えた帯広市長も、意思表明に至っていない状況を見たとき、宮西町長もまだなのかなと理解しつつも、このあたりで聞かせていただくことがあればとの思いで伺いました。
私は、平成23年に議員となって以来、今まで町議会で7回の一般質問をさせていただきました。質問項目の主なものは、効率的な土地利用の推進、農村地域保育所の再編成、斎場の広域化を含めた将来計画、道路整備の早期計画樹立、潤いのある公営住宅建設の推進などでありました。公共施設使用料見直しにつきましては、直ちの決断で、パークゴルフ場使用料の無料化、他の施設は減額措置を講ずるなどをしていただき、町長の決断は町民多くの方々に好評を得ているところであります。
私の質問の多くは、芽室町総合計画を上位計画とし、都市計画マスタープラン、住宅マスタープラン、道路マスタープラン、そして緑の基本計画などにかかわりを持ち、計画策定には一定程度の検討時間を要するもので、町長からは総合計画・後期計画期間内に内部検討会議を立上げ、前向きに検討するとの答弁を得たばかりであります。
以後、庁舎内で検討会議を立上げて、内部協議に入っているとお聞きいたしておりますが、総合計画・後期計画期間内である平成29年度は、町長の3期目任期とほぼ一致いたします。町行政執行者が交代すると、私との一般質問での約束ごとが約束でなくなることも想定されますことから、町長の前向きな思いを年明けた3月議会で再度伺いたいと思いますが、その時点では表明できるとお考えでしょうか、現時点での思いを聞かせてください。
○議長(広瀬重雄) 宮西町長。
○町長(宮西義憲) 今、いろいろ御質問をいただきました。確かに、平成29年は私が仮に3期やるとすれば、その任期が終了する時期ということは、これは間違いのないことでもあります。
ただ、先ほども申し上げましたけれども、私は首長の責務というのは大変に重いものがあるというふうに認識をいたしております。そしてまた、私がこの後どうするかという問題につきましても、もとより町政には停滞も許されませんし、また町民の皆さんに混乱を与えるような態度はとれないということは強く感じております。ただ、私も熟慮を重ねなければならないこともあることも、また事実でありますので、今3月には間違いなくお答えいたしますということよりも、その辺のタイミングを見ながら慎重に判断していきたいと、このように考えていることを申し上げ、お答えといたします。
○議長(広瀬重雄) 青木議員。
○4番(青木定之) それでは、2点目の再質問に移ります。
町長から、住民の幸せを最優先に、継続性のある予算編成に向けるとの思いを聞かせていただきました。まだ各課との最終調整に至っていないものと思いますが、町長は平成26年度予算の重きをどのような点に置きたいと考えておられるのか伺います。
○議長(広瀬重雄) 宮西町長。
○町長(宮西義憲) 新年度の予算編成につきましては、毎年でありますけれども、時期的には11月の始めぐらいになりましたら、私の方から、先ほども答弁いたしましたけれども、予算編成方針というものをそれぞれの執行機関あるいは関係職員に発出すると、こういう手続をとってございます。その予算編成方針の中で、先ほど理念について述べさせていただきました。その中で述べた理念は4本の柱があるわけでありますけれども、その4本の柱をやっぱり実現できるような、そういう予算でなければならないということで、私はそういう意味では内部のヒアリングを4回やっていますよというお話もいたしましたけれども、私との考え方の調整、それから職員の立場で考えていることのお互いの調整行為を年間を通して進めているところであります。
そこで、今御質問がありました重きをどこに置くのかということでお答えをするとすればですね、私はこの予算編成の中でも申し上げているわけでありますけれども、まず実行計画を策定いたしますけれども、その実行計画で一定程度の論議は終わっていますけれども、予算編成に至るまでの間にやっぱり経費節減などをベースとした内部論議を重ねてほしいということが一つ。
それから、もう一つは、実行計画に計上していない経常経費がありますけれども、これらにつきましても特定財源の確保などについても知恵を出してほしいということ、これがあります。
そして、それらに基づきまして4つの柱を実現していこうということになれば、一番重きを置かなければいけない部分は、職員間での課内の内部論議、それを十分に行って、課ごとに創意工夫を凝らした予算編成であっていただきたいと、これを大きな大きな趣として考えているところであります。
以上、お答えといたします。
○議長(広瀬重雄) 青木議員。
○4番(青木定之) 町長からは、内部論議を重ねた中で住民の幸せを最優先とした継続性のある予算に向けるとの思いを聞かせていただきまして、全くそのとおりだと思います。議会も、政策形成サイクルを導入し、町が推進する事務事業を検証させていただき、町民から寄せられた意見を吟味しつつ、町の行政推進に対する意見を述べさせていただき、よりよいまちづくりに向けたいと努力しているところであります。
町長の耳に伝わらずとも、議員に届いている町民の思いもたくさんありますし、まちづくりに向けた思いを一つに今後なお一層、行政執行にともども取組んでいこうではありませんか、町長の思いをお聞かせください。
○議長(広瀬重雄) 宮西町長。
○町長(宮西義憲) 確かに、町政を推進していくことになりますと、私どもの立場は執行機関の立場でありますし、議員の皆さんの立場は当然これは議決機関でありますから、役割は微妙に違いがあるということで、私も認識しております。ただ、役割は微妙に違いはありますけれども、まちづくりを担っていくという、そういう立場では、これはもう一致したものであると思います。そういう意味では、それぞれの立場で凝らせられる政策に対する推進手法、テクニック、これらについてはお互いにまた研修もしていかなければいけないし、学習もしていかなければいけないところだと思います。その微妙な立場が持っている、その住民の皆さんの声の捉え方、そしてそのニーズの押さえ方の違い、これも当然あると思います。
ですから、私たちは議決案件に関しては、それらに対する議員の皆さんのお立場から私たちに寄せていただく御意見、そして私たちの立場から提案をさせていただくこの内容、これに対しての議論は今までも大いにやりたいと思ってきましたし、これからも大いにやらせていただきたい、そのことを強く感じているところであります。
以上、お答えといたします。
○議長(広瀬重雄) 青木議員。
○4番(青木定之) 2つの質問を総括させていただきます。
今回の質問は、町長、自らの意思で判断、決断するもので、私が聞くのは不自然との思いもありました。行政をつかさどる者、自らが好んで立候補する者、他から推挙され町民の幸せを願って身を削る者、人さまざまでありますが、人にはこの世に生を受けたときからの宿命というものがあります。
町長、後援会からの要請を待つのではなく、自らが自身の思いを後援会に伝えて支持を願うのも一つだと思います。先ほど、3月議会で再度町長の意思を伺いたいと申し上げましたが、私からの問いかけを待たずして、私に遠慮することなく、自身の意思が固まった時点で即座の立候補表明を町民に伝えるべきと考えますが、町長の思いをお聞かせください。
○議長(広瀬重雄) 宮西町長。
○町長(宮西義憲) 今、議員から御指摘のようなことも当然、町政を担っていく中では当然あるかと、このように認識しております。
ただ、私自身の今の考え方でいきますと、当然これ次のことを考えていくというのは、本当に強い決断だと思います。そのことを考えていきますと、やっぱりこれは熟慮断行という言葉がありますが、やはり私も熟慮を重ねなければならないこともありますし、しっかりと今後のことをお話合いをしたい方々もいらっしゃいますので、そういう意味では青木議員からの御指摘のことも参考にさせていただきながら、町政に停滞が起きないような、あるいは混乱を起きないような決断をしていきたいなと、このように考えているところであります。
○4番(青木定之) 終わります。
○議長(広瀬重雄) 以上で青木定之議員の質問を終わります。