Q 4 上下水道料はどうなるのか
      

  清水・新得との合併なら施設整備に膨大な費用

             
〓 メリット 〓

  どちらと合併しても・・・             帯 広 圏    西 十 勝

 合併により行政の規模が大きくなることで、職員(管理部門・工務部門含む)を効率的に配置でき、人件費等のコストが削減されます。
 施設整備や修繕などの経費において、入札参加業者が増え価格競争することで価格の低下が見込まれます。


〓 デメリット 〓

  どちらと合併しても・・・             帯 広 圏    西 十 勝

 いずれのパターンも個別に行ってきた各市町の会計システムのネットワーク化や、全体を統括する電算システムの構築が必要となり、相当の経費がかかります。
 指揮・命令系統の体制整備が必要となります。



帯 広 圏では・・・

 特に大きなデメリットは想定されません。









西 十 勝では・・・

 現在、芽室町では水不足の心配はありませんが清水町・新得町では芽室町と水源が異なり、合併後の新しい町(清水・新得地区)で水が不足した場合に他の水源から水を供給するためには、施設整備(浄水場や水道管などの整備)が必要となります。この場合、整備に係る費用は膨大なものとなり、水道料の負担も大きく増大することが考えられます。


〓 想 定 事 項 〓

  どちらと合併しても・・・             帯 広 圏    西 十 勝

 帯広圏においては水道料・下水道料に大きな差がなく、西十勝においても低い金額に合わせると経費的に芽室町への水道供給ができなくなることから、高い金額(芽室町)に合わせることが予想され、芽室町民としては現状の水道・下水道料に大きな変化はないと考えられます。
 ただし、合併の有無に関わらず今後の自治体の財政状況は厳しく、料金が上がっていくことが予想されます。下水道の受益者負担金の計算方法はどの市町も同様ですので大きな変化はありません。



                          
〓 想 定 事 項 〓


 メリット・デメリットと明言できるものはありませんが、今後はその時の経済状況、会計の財政状況などによって料金を決定していくこととなります。



 【参 考】

各市町の上下水道料の状況
(一般家庭での月平均使用水量を20m
として算定しました)
【平成14年4月1日現在 町水道課調べ】

 ■水道料(20m3あたり、家庭用で算定 消費税抜き)
   帯広圏   帯広市 4,810円 音更町 4,870円 幕別町 4,280円 
芽室町 4,770円
   西十勝   清水町 2,723円 新得町 2,285円 
芽室町 4,770円
  
 ■下水道料(20m3あたり、家庭用で算定 消費税抜き)
   帯広圏   帯広市 2,700円 音更町 2,660円 幕別町 2,330円 
芽室町 2,761円
   西十勝   清水町 2,723円 新得町 2,285円 
芽室町 2,761円