Q 1 戸籍、住民票、印鑑登録証明、外国人登録などの手続きや証明の申請、手数料はどうなるのか
      

  サービス・料金ともに現状維持の見通し

             
〓 メリット 〓

  どちらと合併しても・・・             帯 広 圏    西 十 勝

 行政面積は大きくなりますが、現在の各市町ごとに支所・出張所・サービスコーナーが設置されることが考えられ、交付や申請のサービスが後退することは考えられません。
 むしろ、現在の他市町の区域にいる場合でも最寄りの支所等で手続きが可能となります。
 戸籍・住民票等の電算システム(注1)平準化(注2)するために、現段階で電算化を行っている市や町のレベルに合わせることが考えられます。また、整備のための費用は財政上の特例で措置することができるとともに、住民への交付時間が短縮されるなど行政サービスの効率化が図られます。


〓 デメリット 〓

  どちらと合併しても・・・             帯 広 圏    西 十 勝

 現状のサービスと比較し、大きなデメリットは考えにくいです。


〓 想 定 事 項 〓

  どちらと合併しても・・・             帯 広 圏    西 十 勝

 各種謄本や抄本、申請の手数料は各自治体で条例によって決定することとされています。芽室町では、住民票謄本・抄本は1通200円、戸籍謄本・抄本は1通450円、印鑑登録証明は1通200円などとなっています。十勝管内の市町村は手数料に大きな差はなく、合併した場合であってもほぼ同様の額で推移すると思われます。



                          
〓 メリット 〓


 現在のサービスと同様ですが、各種申請に対して迅速に決定・処理することができるとともに、要望に応じたきめ細かなサービスが提供できます。


〓 デメリット 〓


 財政的な事情もあり、現段階では町内各所にサービスコーナーを設置したり、大規模な電算システムを導入することは困難な状況になると考えられます。