福祉ガイド[その他の福祉支援]

14706. 平成28年4月1日より、障害者差別解消法
   (障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)が施行されました。


【法律の概要】
 この法律では、行政機関、地方公共団体等及び民間事業者が障がいを理由とする差別を解消するための措置について定めており、障がいがあってもなくても、誰もが同じように暮らし、勉強し、働ける共生社会の実現を目的としています。
 措置について、具体的には、「不当な差別的取扱い」を禁止し、「合理的配慮の提供」を規定します。

不当な差別的取扱いとは?
 国・都道府県・市町村などの役所や、会社やお店などの事業者が、障がいのある方に対して、正当な理由なく障がいを理由として差別することを禁止しています。
(例えば…)
○保護者や介助者が一緒にいないとお店や施設を利用できない。
○アパートやマンションを借りようとして、障がいがあることを伝えると、そのことを理由
に貸してくれなかった。
○今まで、利用できていたことが、障がいがあるとわかった途端、断られたり、拒否された。
 …など。

合理的配慮とは?
 障がいのある方から、社会の中にある「暮らしにくさ」を取り除くために、何らかの対応を必要としている意思の表明があった場合に、負担が重すぎない範囲で対応すること。(事業者は、対応に努めること)
(例えば…)
○車いす利用者へ携帯スロープを渡して段差を解消する、段差越えを手助けする。高いとこ
ろにある物を取って渡す。
○目や耳の不自由な方に、文字情報の読み上げや筆談・簡単な手話による意思伝達を行う。
○意思疎通のために、絵や図、写真等を活用する。

【職員対応要領】
 芽室町職員における、障がいのある方への理解や窓口等における対応などを集約したマニュアルを作成しています。

【相談窓口】
 障がいがあることで嫌な思いをしている、困ったことがある、そんなときには相談してください。

窓 口保健福祉課障がい福祉係
電 話0155-62-9724(内線554・579)
FAX0155-62-0121
メールh-fukushi@memuro.net

問い合わせ先 芽室町役場 保健福祉課 障がい福祉係
           (保健福祉センター内)
TEL 直通 62-9724

行政ガイドメニューに戻ります