福祉ガイド[児童・母子福祉]

14312.児童手当の内容・額・対象者・申請方法について

1 制度概要
  児童手当は、家庭等における生活の安定と児童の健全育成を目的とした給付です。

2 支給対象となる児童
  中学校修了前までの児童(満15歳以後の最初の3月31日までの間にある児童)

3 受給対象者
  芽室町に住民登録があり、支給対象となる児童を養育している父母など
  ※共働きの場合は、所得や健康保険の状況などにより主に生計を維持している者

4 手当の額

 

児童手当

特例給付
(所得制限を超過した場合)

3歳未満

15,000円

児童1人につき
一律 5,000円

3歳〜
小学生

第1・2子

10,000円

第3子以降

15,000円

中学生

10,000円

  ※18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童を年齢順に数えます。

  ※所得制限の基準額は以下のとおりです。

扶養親族の数

所得額

収入額(給与所得者の目安)

0人

622万円

833.3万円

1人

660万円

875.6万円

2人

698万円

917.8万円

3人

736万円

960.0万円

4人

774万円

1002.1万円

5人

812万円

1042.1万円

以後、扶養親族等の数が1人増えるごとに38万円を加算した金額となります。


5 支給予定日(振込日)

2、3、4、5月分

6月7日

6、7、8、9月分

10月7日

10、11、12、1月分

2月7日

  ※支給日が土・日曜日、祝日の場合は、直前の金融機関営業日が振込日になります。

6 申請の手続き
  出生や転入により新たに受給資格が生じたときは、新規認定請求の手続きが必要です。
  手続きは以下の期間内に行ってください。遅れた場合、さかのぼって支給できません。
    出生の場合:出生の翌日から15日以内
    転入の場合:前住所地での転出予定日から15日以内

7 申請に必要なもの
  (1)印鑑
  (2)申請者の健康保険証
  (3)申請者名義の預金通帳
  (4)個人番号カードもしくは通知カード
  (5)養育申立書(お子様と別居している場合)
  (6)お子様の住民票(お子様と別居している場合)
  ◎前年度分の所得課税証明書(その年の1月1日に芽室町に住民登録がなかった方)が省略可能となりました。
  ※平成29年11月13日(月)からマイナンバー制度による情報連携本格運用開始に伴い、
    これまで転入された方に提出をお願いしていた、「所得課税証明書」が省略できるようになりました。
  ※1月1日時点の住所の特定が出来ない等の場合には提出をお願いすることがあります。
  ※乳幼児等医療費助成受給者証の申請など、引き続き所得課税証明書の提出が必要な場合があります。

8 届出内容に変更があったとき(次のようなときは手続きが必要です)
  (1)芽室町から他の市町村へ転出するとき
    芽室町で「児童手当支給事由消滅届」を提出し、転出予定日から15日以内に転出先で新たに認定請求の
    手続きをしてください。
    ※受給者が単身赴任などで児童を芽室町に残して転出する場合も同様です。
  (2)支給対象の児童と別居したとき
  (3)支給対象の児童が増えたときや減ったとき
  (4)離婚、婚姻、死亡などで養育者が変更になるとき
  (5)受給者が公務員になったとき
  (6)振込口座を変更するとき
  (7)そのほか児童のいる世帯に変更があったとき


問い合わせ先 芽室町子育て支援課児童係
(保健福祉センター内)
TEL 直通 62-9733

行政ガイドメニューに戻ります