福祉ガイド[親と子の医療費助成]

14004.未熟児養育医療費助成について

■ 平成25年3月31日までは十勝総合振興局保健環境部保健行政室(帯広保健所)が申請窓口でしたが、
 平成25年4月1日から子育て支援課児童係が申請窓口になりました。

■ 対象は、満1歳までの下記に該当する乳児で、入院が必要な場合、公費で医療が受けられます。

  (1) 出生時体重が2,000グラム以下

  (2) 生活力が特に薄弱であって、次に掲げるいずれかの症状がある場合

      ア 一般状態

       (ア) 運動不安、痙攣がある。

       (イ) 運動が異常に少ない

      イ 体温が摂氏34度以下

       ウ 呼吸器、循環器系

       (ア) 強度のチアノーゼが持続する、チアノーゼ発作を繰り返す

       (イ) 呼吸数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか、又は毎分30以下

       (ウ) 出血傾向が強い

      エ 消化器系

       (ア) 生後24時間以上排便がない。

       (イ) 生後48時間以上嘔吐が持続している

       (ウ) 血性吐物、血性便がある

      オ 黄疸

       生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸がある


詳しいことの
問い合わせ先
芽室町 子育て支援課児童係
(保健福祉センター内)
TEL 62-9733

行政ガイドメニューに戻ります