届出・手続きガイド[税金]

11903.個人住民税(町・道民税)について

■ 1月1日現在、芽室町に住所があり、前年に所得がある方に課税されます。

■ 申告について
町・道民税の申告は住民税を正しく算定する基礎となるほか、国民健康保険税、介護保険料の算定や所得・課税証明書を発行するときに大変重要な手続きです。

(1)申告の必要な方
 原則として当該年の1月1日現在、町内に住所があり所得税の確定申告をしていない方で
  • 営業等、農業、不動産、配当等の所得があった方
  • 給与所得者及び年金所得者で給与以外、年金所得以外の所得があった方
  • 年金所得者で各種控除(社会保険料控除等)を受ける方
  • 年末調整が済んでいる方で、前年中に災害に遭い、雑損控除を受ける方
  • 年末調整が済んでいる方で、前年中に多額の医療費を支払い、医療費控除を受ける方
  • 病気、失業等で所得がなく税法上どなたにも扶養されていない方
(2)申告の必要がない方
 原則として当該年の1月1日現在、町内に住所があり所得税の確定申告をしていない方で
  • 前年分の所得税の確定申告をした方又はする方
  • 前年中の所得が給与所得だけで、雇用主(会社・事業主)から給与支払報告書が提出されている方(前年分の所得税の年末調整が済んでいる方)
  • 前年中の所得が年金所得だけで、公的年金支払報告書が提出されており、各種控除を受ける必要のない方
(3)申告に必要なもの
  • 町・道民税の申告書
    役場税務課窓口でお渡ししますのでお申し出ください。
  • 前年中の収入金額を証明できる書類
    給与所得の源泉徴収票、雇用主からの給与支払証明書、年金受給額の証明書、事業・不動産所得のある方は、収支の帳簿及び必要経費の領収書
  • 領収書及び証明書
    生命保険料、個人年金保険料、地震保険料・長期損害保険料、国民健康保険税、介護保険料、医療費、障がい者手帳など
  • 配偶者の所得がわかる資料(配偶者特別控除を受ける場合)
  • 印鑑
【参考】
■ 課税額は、「均等割」と所得額に応じた「所得割」の合計額となります。
   * 均等割  町民税 3,000円 道民税 1,000円
   * 所得割  町民税   6% 道民税   4%

※東日本大震災をふまえ、全国の地方公共団体が実施する緊急防災・減災事業について、その財源を自主的に確保できるよう、地方税の臨時特例に関する法律が制定されました。
 これを受け、平成26年度から平成35年度までの10年間、町民税・道民税の均等割額をそれぞれ500円引き上げることになりますので、みなさまのご理解をお願いします。


■ 町・道民税が課税されない方は?

均等割が
かからない方
前年中の合計所得金額(損益通算前)が次による額以下の方
(1)扶養親族のいない方〜 28万円
(2)扶養親族のいる方〜
 28万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族)+17万円
所得割が
かからない方
前年中の総所得金額(損益通算前)が次による額以下の方
(1)扶養親族のいない方〜 35万円
(2)扶養親族のいる方〜
 35万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族)+32万円
均等割も
所得割も
かからない方
(1)生活保護法による生活扶助を受けている方
(2)障がい者、未成年者、寡婦または寡夫の方で、前年の合計所得が125万円以下の方(給与所得者の年収で2,044,000円未満の方)

■ 納税には、2通りの方法があります。
   * 普通徴収 〜 納付書で直接納めていただきます。
   * 特別徴収 〜 給与・公的年金等から天引きされます。
                       

問い合わせ先 芽室町役場 税務課 町民税係 TEL 直通 62-9722
代 62-2611(内線135,136)

行政ガイドメニューに戻ります