男女共同参画社会とは?


【男女共同参画社会とは】
男女が、互いにその人権を尊重しつつ責任も分かち合い、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる社会です。

【なぜ必要?男女共同参画社会】
我が国の憲法には個人の尊重、法の下の平等がうたわれており、男女平等の実現に向け、いろいろな施策が取り組まれてきました。しかし、大事な意思決定の場に女性が加わることができなかったり、男女間の不平等を感じたりすることもまだまだ多いようです。
 また、少子高齢化など私たちの生活を巡る状況が変化していく中で、男女が、「男は仕事、女は家庭」といったような性別による固定的な役割分担にとらわれずに、職場で、学校で、地域で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できるような社会づくりが必要となっています。

【国の取り組み】
国は、この男女共同参画社会の実現に向けて「男女の意識改革」と「参画するための環境整備」を総合的に進めるため「男女共同参画社会基本法」を平成11年に制定しました。
この基本法では5つの基本理念を掲げ、行政(国、地方公共団体)と国民が果たさなくてはならない役割を定めています。
○基本理念
1.男女の人権の尊重
2.社会における制度又は慣行についての配慮
3.政策等の立案及び決定への共同参画
4.家庭生活における活動と他の活動の両立
5.国際的協調

【地方公共団体としては?】
国はこの基本法に添って、具体的にどうするかという取り組みを行っていますが、これは国としての大きな流れであり、男女共同参画社会を地域の中で根づかせ、地域の実情に応じた実効性あるものにしていくためには、地方公共団体でも、独自の「基本計画」や「条例」の策定が求められています。