■ 新設 保健福祉課高齢者相談係

この春、保健福祉課の6つめの係として『高齢者相談係』が誕生しました。
これまで、高齢者に係る総合相談窓口として在宅支援係(地域包括支援センター)が担当してきた業務を2係に分け、窓口における相談対応や介護予防事業、健康相談などに加え、新たに、地域包括ケアシステムについて推進していく役割を担います。 よろしくお願いします。

【地域包括ケアシステムとは】

団塊の世代がすべて75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けていただけるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援を一体的に提供するための体制のことです。
また、増加が見込まれる認知症高齢者やひとり暮らし高齢者などへの支援体制も併せて推進していきます。