経営構造対策事業

 経営構造対策事業とは?

経営構造対策は、平成11年7月に制定された「食料・農業・農村基本法」の基本理念に則し、地域ぐるみで地域の農業構造を変革していくため、地域農業に関わる幅広い関係者の地域合意の形成を前提としてこれを実現していくための生産・流通・加工・情報・都市農村交流等の施設を総合的に整備することにより、担い手となる経営体の確保・育成を図ることを目的としています。また、この対策の実施に当たっては、実施手続きと施策評価について広く国民に情報を提供することによって効率的で透明な事業の運営を行うこととしています。

経営構造対策の特徴

 

経営構造対策の3つの目標
  ・認定農業者の育成
  ・担い手への農地利用集積
  ・遊休農地の解
ソフトのハードの2つの事業
他の計画等との調整
効率的かつ適正な執行の確保


 芽室町の経営構造対策事業
芽室町では、平成12年度から平成14年度までの期間、経営構造対策事業に取り組んでおり、 平成12年度には「加工馬鈴しょ集出荷貯蔵施設」を整備し、流通の効率化、作物の高付加価値化、通年供給体制を確立し、農家所得の向上を図ってきました。
また平成13年度から平成14年度には、経営構造整備附帯事業(ソフト事業)を実施し、施設の効果的かつ円滑な利用や担い手の育成を図ってきました。

 芽室町の経営構造対策事業の評価は?

経営構造対策事業では市町村等における事業評価として「事業計画を作成した市町村長等は、毎年度、事業計画に定めた目標の達成状況等について評価を行い、その結果を・経営構造対策事業評価表として取りまとめて、知事に報告するもの、とされています。
また、市町村長は評価結果を毎年度、インターネットのホームページへの掲載等により広く関係者等に公表することに努めるものとする、とされています。(以上、北海道経営構造対策事業実施要領 平成14年4月1日付け農振第676号農政部長通知 より抜粋)


経営構造対策事業評価表

都道府県名

北海道




事 業 内 容

実施年度

受益戸数

受益面積

市町村名

芽室町

加工馬鈴しょ集出荷貯蔵施設

H12

325

169

地区名

芽室地区

 

 

 

 

事業実施期間

平成12年度

 

 

 

 

 1 全国共通目標

事  項

計 画 時

目  標

目標達成プログラム
(上段:計画 中段:実績 下段:達成率)

達 成
状 況
(評価)

1年度目

2年度目

3年度目

4年度目

5年度目

認定農業者の育成

439

600

439

480

510

540

600

×

441

466

487

 

 

100%

65.9%

67.6%

 

 

担い手への農地の
利用集積

18,418

18,618

18,418

18,458

18,498

18,538

18,618

18,516

18,707

18,773

 

 

100%

722.5%

443.7%

 

 

遊休農地の解消

0

0

0

0

0

0

0

 

0

0

0

 

 

 

 

 

 

 

 2 地区選択目標

事  項

計 画 時

目  標

目標達成プログラム
(上段:計画 中段:実績 下段:達成率)

達 成
状 況
(評価)

1年度目

2年度目

3年度目

4年度目

5年度目

加工馬鈴しょ販売期間の延長

61

273

61

273

273

273

273

61

273

273

 

100.0%

100.0%

100.0%

加工馬鈴しょ販売
額の増

1,415,736

2,146,023

1,415,736

1,783,980

1,899,414

2,025,342

2,146,023

1,415,736

1,840,220

1,780,044

 

100.0%

115.3%

75.3%

 3 施設等の利用状況

施設名等

項  目

計 画

実  績

達成率

備   考

加工馬鈴しょ集出荷貯蔵施設

施設等の利用

        t

  5,360

        t

  5,079

        %

94.8

 

施設等による収益

 4 所見及び改善措置等


(1)全国共通目標

   @ 認定農業者の育成

         セミナーや研修会を通じて経営に関する意識の醸成を図る。
   制度の周知を徹底し、更に認定農業者の掘り起こしを進める。

A 担い手への農地の利用集積

         斡旋や保有合理化事業等の事業により計画通りに農地の集積を図る。

  B 遊休農地の解消

         該当なし

(2)

   @加工馬鈴しょ販売金額の増加

        販売単価の下落等により、販売額がやや目標を下回っている。しかし、単価の回復と作付面積の
   増加により今後、販売額の増加を図る。

A加工馬鈴しょ販売期間の増加

        計画通りの販売期間を達成している。



←農業王国芽室トップページへ戻る