新規就農者への支援

青年等就農計画制度

青年等就農計画制度は、新たに農業を始める方が作成する青年等就農計画を市町村が認定し、これらの認定を受けた新規就農者に対して重点的に支援措置を講じようとするものです。
※これまで「青年等の就農促進のための資金の貸付け等に関する特別措置法」に基づき都道府県が認定する制度でしたが、平成26年度から、「農業経営基盤強化促進法」に基づく新制度になります。

対象者

対象者は、新たに農業経営を営もうとする青年等で、以下に当てはまる方です。

  1. 青年(原則18歳以上45歳未満)
  2. 特定の知識・技能を有する中高年齢者(65歳未満)
  3. 上記の者が役員の過半数を占める法人
    ※農業経営を開始して一定の期間(5年)を経過しない者を含みます。
    ※認定農業者は含みません。
青年等就農計画の作成・認定の流れ

対象者は、新たに農業経営を営もうとする青年等で、以下に当てはまる方です。

  1. 新規就農者が青年等就農計画を作成し、市町村に提出
  2. 市町村が同計画を審査・認定
  3. 市町村は青年等就農計画を認定後、当該計画申請者に通知
  4. 市町村、都道府県等関係機関により、計画達成をフォローアップ等
認定新規就農者であることを要件とする主な施策
青年就農給付金

平成24年度から、国の新たな施策として青年(原則45歳未満)の就農者等に対して、給付金(年間150万円)を支給する事業(新規就農総合支援事業)が発足しました。

申請窓口
給付金の種類 補助の内容 窓口
準備型 就農に向けて、農業大学校等の農業経営者育成教育機関、先進農家又は先進農業法人(以下「研修機関等」という。)において研修を受けるものに対して給付金を給付する。 北海道農業公社
経営開始型 経営開始直後の新規就農者に対して給付金を給付する
※平成26年度から認定新規就農者であることが要件になります。
芽室町役場農林課
問い合わせ先

芽室町農林課農林係
TEL:62-9725(直通)