環境保全型農業直接支援対策

環境保全効果の高い営農活動に取り組む農業者に対して、直接支援をする制度が平成23年度にスタートしました。

支援の対象者

次のいずれかに該当する方

  1. エコファーマーの認定を受けている
  2. 北海道特別栽培農産物の認証を取得している
  3. 北のクリーン農産物登録制度の登録を受けている
支援の対象となる取組
  1. 化学肥料、化学合成農薬の慣行5割低減の取組 + カバークロップの作付
    • 主作物の栽培期間の前後いずれかに緑肥を作付する取組(緑肥は鋤き込み必要)
  2. 化学肥料、化学合成農薬の慣行5割低減の取組 + 堆肥の施用
    • 主作物の栽培期間の前後いずれかに炭素貯留効果の高い堆肥を施用する取組(堆肥のC/N比が10以上であること等の要件があります)
  3. 有機農業
    • 化学肥料、化学合成農薬を使用しない取組(使用できる資材等の基準は有機JASと同じ)
  4. 化学肥料、化学合成農薬の慣行5割低減の取組 + リビングマルチ
    • 主作物の畝間に麦類や牧草等を作付する取組(リビングンマルチは自然壊死が原則)
      ※いずれの取組も農振農用地区域内での取組が対象です。
      ※対象となる作物は、「北海道の定めた慣行レベル」の対象となる作物です。
支援の水準(交付金の額)

カバークロップ・有機農業・リビングマルチ ⇒ 8,000円/10a
(国:4,000円、町4,000円)
堆肥施用 ⇒ 4,400円/10a(国:2,200円、町2,200円)
※交付金の単価は作物に関係なく一律です。
※国の交付上限額を超える場合は、交付単価が調整される場合があります。

その他

申請受付は6月上旬から6月末日までを予定しています。

問い合わせ先

芽室町農林課農産係
TEL:62-9725(直通)